これから英語の勉強を始める初心者の大人や社会人が英語を勉強しようと決意しても90%は1ヶ月で挫折し、残りの9%は3ヶ月以内に中断してしまいます。

でも、家事や仕事に大人や社会人が英語の勉強を継続して英語をマスターすることは決して難しいことはありません。

これから説明する次の6つのステップをキチンと守れば2018年中にTOEIC800以上、英検準1級以上は必ず取得できます。
参考:就活でTOEIC800が必要な大学生のための独学の勉強法

忙しい!を理由に英語の勉強を中断しない!

大人や社会人は忙しい、それはよく分かります。
家事に家族サービスに、仕事に残業、飲み会など時間はいくらあっても足りません。
でも、それは大人や社会人なら全員です。

忙しいことを言い訳にせず、『忙しいこと』を前提にして、どのぐらいの時間を英語の勉強に充てられるのかを計算しましょう。

『30分しか取れない』
『2時間取れる』

人それぞれあります。

曜日によっても月によってもバラツキがあるでしょう。

まずは、

日ごと
曜日ごと
月ごと

の3点で英語の勉強に充てられる時間を先に計算してください。

そして、この最初に割り出した時間以上は勉強『しない』と決めて下さい。

いいですか。

ポイントは、最初に割り出した時間以上は『勉強してはいけません』

その理由は2つです。

1,人は、上限を決められるとゴールが見えるので、そこまでは頑張れます。

2,『●●してはいけない』と言われると不思議なことにやりたくなります。

これが人間の本質です。

3ヶ月以上継続する英語の勉強スケジュールを立てる

1で決めた英語の勉強時間を元に、英語の勉強のスケジュールを立てます。

無いものをねだっても意味がありません。

あるもので頑張ることです。

1日30分しか英語の勉強時間を割けないのに、1時間の勉強をしたいと考えてもできるわけがありません。

今のTOEICスコアを400点と仮定した場合
1日に英語の勉強に充てられる時間とある程度の会話ができるようになるまでの期間の関係
※TOEICなら800点

30分なら2~3年

1時間なら1.5~3年

2時間なら1~2年

3時間なら1~1.5年

限定された範囲での会話ならもう少し早くなることもありますが、幅広く話せるようになりたいならもう少し長引きます。

参考:効率的な英語の勉強法を探し続けて落とし穴にハマる英語初心者のための7つのアドバイス

参考:TOEICでリスニングのスコアを上げる3つの勉強法

もっと早く話せるようになりたいと思っていても、時間が有限である以上、これ以上縮めることはほぼ不可能です。

『できることをやる。』

当たり前のようですが、このことをしっかり意識しておきましょう。

週に1日は英語の勉強を休みを入れる

週に1日は英語の勉強の休みを入れましょう。

仕事をやっているとどうしても避けられない緊急の仕事が入るときもあります。

そういう時のために、余裕をもたせておきましょう。

まじめな人ほど『毎日確実にやらねば!!』という気持ちから無理をしがちです。

そして、ある時、プツンと糸が切れたように勉強が止まります。

断言しますが、3日勉強を止めると4日目はありません。

英語の勉強をやると決めた日は、忙しくとも1日10分でも、必ず英語の勉強を行って下さい。

特に初心者は3~4日、英語の勉強を中断すると単語も文法も急速に忘れていくので、

『せっかく学んだことが全部消えちゃった』

とモチベーションが急降下します。

でも、実は、この時の脳内は『完全に忘れた』のではなく、『刺激を与えられるとすぐに復活するレベルの忘却』です。

だから、3~4日休んだとしても、めげずにまた1~2週間すればすぐに元通りになります。

初心者はインプット重視で英語を学ぶ

『早く英語を話したい!』

という気持ちは分かりますが、落ち着いて下さい。

初心者に必要なものは、『圧倒的なインプット』です。

つまらなくて退屈でしょうが、次の2つを最初の3ヶ月に徹底的に勉強すると4ヶ月目からの英語力の向上はスゴイことになります。

1,英単語を1500語以上覚える
2,英文法を高1までの復習する

最初の3ヶ月は受験生に戻ったつもりで勉強しましょう。

ただ、単語の覚え方は、受験とはかなりやり方が違いますので以下の記事を参考にしてください。

参考:TOEICのスコアを上げる英単語の勉強法 8つのポイント
参考:TOEIC200点台から、本気でTOEIC800点を目指す人のための勉強法

初心者は英語の目標スコアを家族に告げておく


英語の勉強を始める前に、家族と友人に目標のTOEICスコアや英検の級などの目に見える英語の実力を測る目標指標を告げておきましょう。

ただし、友人は『信用できる友人』に限って下さい。

『お前には無理だよ』

と言ってくるような人に言うとモチベーションが下がって嫌な気分になるだけなので応援してくれる人にだけ伝えましょう。

それが、英語の勉強のモチベーション維持につながります。

家にいながら英語を勉強できる仕組みを作る

英会話を習いに行くのは時間とお金のムダです。

今の時代、外に英語を習いにいかなくとも家にいながら英語の勉強は十二分にできます。

まず、インプットに使える教材はこちらです。

参考:スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースを使い倒したので語れる、使い方と感想や効果を紹介



スタディサプリENGLISHは、TOEIC対策コースと日常英会話コースがあります。

どちらもこのスタディサプリENGLISHだけで、リスニングとスピーキングの両方の勉強ができます。

特にTOEIC対策コースの方は、勉強の進め方と英文法、覚えるべき英単語も全部まとまっています。

半年~1年以上、英語の勉強を行ったら次はオンライン英会話を申し込みましょう。

オンライン英会話なら家にいながらネイティブと話せますし、コストは英会話スクールの半分から10分の1程度の価格ですので圧倒的なコスパの良さです。



>>英会話無料体験実施中
※英会話フレーズ・発音トレーニング監修は、英語界のカリスマ教師の関正生先生が担当



>>月額4950円でレッスンが24時間受け放題!

ただし、オンライン英会話は、初心者で半年以内の勉強期間の間は申し込んでもお金のムダなので止めましょう。

逆に1年以上スタディサプリENGLISHで学んだら、サクッとオンライン英会話に申し込んで実践練習しましょう。

ウジウジと悩んでいても時間のムダです。

自信が無くとも半年~1年以上しっかり英語を学んだら少しずつアウトプットの練習を始めないといつまで経っても話せるようにはなりません。

まとめ:大人や社会人が絶対に英語をマスターする勉強法

繰り返しになりますが、大人や社会人が英語をマスターしたければ、次の点を忘れないでください。

1,忙しいことを言い訳にせず、できる範囲でできることをやる

2,継続することを何よりも念頭に置いて焦らない

3,高額な英語の教材に手を出さない

1日1時間ほどしか時間が取れないなら、英語の勉強は2年以上かかることもあります。

気合を入れて高額な英語の教材や英会話教室に申し込んでも無駄になります。

少なくともTOEIC800点までは、英語の勉強に投資する上限金額を1ヶ月で5,000円と認識しておきましょう。

英語の勉強なんて、一言で言えば、やると決めたことを粛々とこなしていくだけです。

じつはそれだけです。

それだけを半年以上続ければ、英語力が上がっていることは実感できますし
1年以上続ければはっきりと聞き取れるようになり、また話せるようになってきます。

言い訳を考えないこと、諦めずに続けること、お金をかけないこと。

この3つだけしっかり覚えて下さい。

自宅で確実に英語の実力を上げたいならスタディサプリTOEICパーソナルコーチプラン

短期間でトレーナーが付いて、強制的に英語の実力を上げたい!

そういう人にお勧めしたいのが、スタディサプリTOEICのパーソナルコーチプランです。
スマホさえあれば英語のコーチとチャットでやりとりしながらTOEICのスコアを上げるサービスです。

実際に私の知人も体験して1か月半で135点アップさせました。
その様子を見ていてこれは本物だと確信しました。
価格も3ヶ月コースで68,000円ですので、英会話スクールと比べても比較にならないぐらいに良心的な価格です。

詳しくはこちらをご覧ください。

1か月半で135点アップしたスタディサプリTOEICのパーソナルコーチプランの衝撃

なお、パーソナルコーチの無いふつうのスタディサプリTOEICのサービスもあります。
これだけでも費用対効果の良い教材です。

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースを使い倒したので語れる、使い方と感想や効果を紹介