英語をマスターした人だけが実感する『英語を英語のまま理解する』とはどうすればできるのか?それはどんな状態なのか?
を今回はシッカリと解説したいと思います。

まず、『英語を英語のまま理解する』ための前提は、『音を識別できること』です。

アメリカ人などのネイティブの英語を聞いた時に、『早すぎて何言っているのか聞き取れなかった』という状態から脱出して、
『言っている英単語は分かったけど、意味がすぐに出てこない』という状態になっていることが前提です。

そのためには、シャドーイングという勉強法がとても効果的ですから、まずはこちらを行ってください。

参考:驚くべきシャドーイングの効果と具体的方法 英語のレベルを上げたい人に絶対のおすすめ!

この状態を脱したらいよいよ次です。

英語を英語のまま理解するってどんな感じ?

『英語を英語のまま理解する』というのは、実は意味的には2つ使われています。

1、英語を日本語に訳さずに英語のまま理解していること

2,英語を返り読みせず英語の語順で理解すること

英語を返り読みせず英語の語順で理解するとは?

この内、2番の『英語を返り読みせずに英語の語順で理解すること』から説明しますと、日本人が最も苦手とするスキルの1つです。

なぜなら日本人が学校で習う英語は、返り読みを前提とした『翻訳』のためのスキルだからです。

英語の先生は、『このwhich以下は関係詞節だからぐるっとまるで囲って前の英単語に矢印を書いて』など説明します。

これは何を行っているかというと、『キレイで意味の通じやすい英語に訳す』ことを前提とした勉強法です。

しかし、この方法では英会話は絶対にできません。

英会話は、相手が口に出して英語を発した瞬間から二度と戻ってきません。

だから、聞こえた語順、つまり英語を英語の語順で理解することが大切になってくるからです。

実は、この『英語を返り読みせずに英語の語順で理解すること』というのは、さほど難しいことではないのです。

それどころから、英語を日本語に訳さず英語のまま理解するための第1ステップなんです。

参考:リーディングとリスニング力を劇的にあげるスーパーエルマーの効果は?評判は?実際に体験した上での評価

この第1ステップができていれば、英語を英語のまま理解するというのは、非常にスムーズにできるゆおになります。

では、実際に、『英語を英語のまま理解する』というのはどういう状態かを実演してみましょう。

例えば、以下の文章を理解する時、ネイティブの脳内と英語を勉強した日本人の脳内ではどんな作業が行われているのでしょうか?

He bought a car of Honda last month in Tokyo.

英語を日本語に訳さずに英語のまま理解している人の脳内の様子

『画像』でその状況をイメージしています。

単語を1語聞くたびに情景として脳内で話を組み立てていくのがネイティブであり、『英語を英語のまま理解する』ということです。

英語を勉強した日本人の脳内

『He』は『彼』
『bought』は『買うの過去形で”買った”』
『last month』は『先月』
『in Tokyo』は『東京』

なるほど、つまり『彼はホンダの車を先月,東京で買った』ってことだな。

とここでイメージを作って理解します。

単語を聞くたびに、日本語に訳して、文法を考えて理解に落とし込んでいます。

つまり、『英語⇒日本語⇒文法の処理⇒理解』の順で理解しています。

では、日本語で育って英語を学んだ日本人はずっと英語を日本語に訳して理解するしかないのか?

実は、違います。

TOEICで900点なら、英語を英語のまま理解できるか?

TOEICで900点レベルになると、自分の理解が深い分野、集中的に学んだ分野については、『英語を英語のまま理解』に近い状態になっています。

傍から見ると、『英語を英語のまま理解』しているように見えている状態です。

微妙な言い回しですみません(笑)

どういうことか説明します。

TOEICで900点の脳内処理

脳内で、日本語に訳す作業が行われているのですが、次の瞬間にイメージに直して理解できているのです。

つまり、『英語⇒日本語⇒文法の処理⇒理解』の時間的間隔がほぼ同時に行われているのがTOEICで900点レベルです。

そのため、本人も日本語に直したり、文法を考えている間隔はほとんどありません。

例えば、光にも『速さ』があります。

目の前で車のヘッドライトを点灯させた場合、同時に光が目に届く感じですよね。

でも実際は、目に届くまでほんのわずかですがタイムラグがあります。

ではあなたはそれを認識できているかと言えば、認識してませんよね?

それと同じなんです。

英語力が高まると、『英語を英語のまま理解する』こととほぼ同じレベルで考えることはできますが、本当の意味で『英語を英語のまま理解する』ことはできません。

母国語として日本語を学んだ場合には、やむを得ないことなのです。

『英語を英語のまま理解する』のはネイティブのみ

つまり、『英語を英語のまま理解する』ためには、母国語として英語を学ぶかそれに近しい環境で育つしかありません。

そのため、大人になってから英語を学んだ場合、『英語を英語のまま理解する』ことはできないのです。
※あ、ここで諦めて読むのを止めないでください!
 最後に大切なことを書いています。

でも、こんなことを聞いたことないですか、

『12歳までに英語を学べば英語をマスターできる』

という都市伝説。

この『12才』のことを『臨界点(期)』と言います。

英語に『臨界点(期)』は存在するのか?

12歳までに英語を学べば英語をマスターできるなら、逆に言えば、12才を過ぎてから英語を学んでも遅いというまことしやかに語られているこの『臨界点(期)』は本当でしょうか?

実は、理論上、12才でも手遅れです。

なぜなら、母国語として日本語がインプットされているからです。

日本語の語順に慣れ親しんだ場合、言葉の語順は、自然と日本語の文法で考えてしまいます。

そのため、『外国語』として『英語』を学ぶ場合、英語の文法に組み直すクセができてしまうのです。

英語を英語のまま考えられるネイティブは、主として左脳だけで言語処理を行いますが、日本語のクセが染み付くと、脳内の処理に右脳の力を借りることになります。

そして、日本語のクセが染み付くほど、右脳の力を借りる比率がドンドン高まっていきます。

大人は子どもよりも総合的知能で有利

実は言語習得において次のような結論が出ております。

Older is faster, younger is better.

『若いうちに英語を学ぶほうが良いことは良いが
大人になってからの英語の習得は速い。』

大人と子どもの大きな違いは『理解力』です。

そのため、記憶力は劣ってきてもそれを補って余りある『理解力』があります。

そのお陰で、大人になってから英語を学ぶと非常に習得が速いのです。

だから、大人になってから英語を学ぶのは手遅れ、諦めるどころか、ドンドン英語を勉強してください。

『英語を英語のまま理解する』ことはできなくとも、『英語を英語の語順で理解する英語脳』はトレーニングで身につけることができます。

そうすれば、『英語を英語のまま理解する』のと同じスピードで英語を使えるようになります。

『英語を英語の語順で理解する英語脳』については『シャドーイング』のページをご覧ください。

まとめ:大人になってからの英語の学習は理解を重視する

大人になってから英語を学習する際には、『何も考えずただ聞き流す』という方法は通じません。

ごく簡単な日常会話ぐらいならなんとかなるかもしれませんが、英語をマスターできるというレベルからは、ほど遠いレベルです。

そのため大人は、文法を理解して、地道に復習して記憶に留めるトレーニングを行うことが必須です。

その際、書店で英文法の本を買うのも良いですが、大人は読む時間も惜しいのでプロに学びに行くほうが手っ取り早いです。

ただ、英語の文法を習うといっても『ビジネスで使える英語』で良いので、塾や予備校などは適していません。

オススメは、スタディサプリのTOEIC版です。

全ての解説動画が5分以内に収められています。
しかも説明は、有名な予備校講師が行いますので、非常に分かりやすくできています。

まずは、7日以内なら、いつ止めても一切お金はかかりません。
無料で使えます。

もし、半年コースを申し込んだとしても使用していない月については返金してくれます。



参考:スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースを使い倒したので語れる、使い方と感想や効果を紹介

これだけ受講者にとってありがたい仕組みにしてくれているのは、教材に自信があるためです。

実際に、私もこの教材を知って、960点を超えてからですが使ってみました。

とても優れており、1日83円で、月に2,500円前後でこれだけ充実した教材に合ったことがありません。

今、私が誰かに英語の教材でオススメはないかと聞かれたら、まちがいなく全員にスタディサプリEnglishをオススメしています。

自宅で確実に英語の実力を上げたいならスタディサプリTOEICパーソナルコーチプラン

短期間でトレーナーが付いて、強制的に英語の実力を上げたい!

そういう人にお勧めしたいのが、スタディサプリTOEICのパーソナルコーチプランです。
スマホさえあれば英語のコーチとチャットでやりとりしながらTOEICのスコアを上げるサービスです。

実際に私の知人も体験して1か月半で135点アップさせました。
その様子を見ていてこれは本物だと確信しました。
価格も3ヶ月コースで68,000円ですので、英会話スクールと比べても比較にならないぐらいに良心的な価格です。

詳しくはこちらをご覧ください。

1か月半で135点アップしたスタディサプリTOEICのパーソナルコーチプランの衝撃