就活、転職

弁理士試験の合格、おめでとうございます!!

合格率5~7%という日本最難関の資格に突破し、弁理士試験に合格されたあなたは、まちがいなく人生の勝ち組の一員です。

平成27年合格率 6.6%
平成28年合格率 7.0%

弁理士の平均年収は760万円と、日本人平均422(平成28年)万円と比べると、かなりの高給です。

日本の平均年収:http://heikinnenshu.jp/country/japan.html

ところがよく見ると分かりますが、弁理士の年収は500~1200万の幅で広がりがあります。

また、大企業の弁理士と小企業の弁理士では年収に220万円もの差が出ています。

弁理士の平均年収:http://heikinnenshu.jp/shi/benrishi.html

その理由は、案件規模の大きさです。
案件規模が大きい大企業、大手の事務所ほど売上が大きく、その分、年収に反映されますが、小企業、小規模の事務所ほど売上も小さく年収は低くなります。

どうすれば大手事務所に勤められるのか?
どうして大手事務所の案件は大きいのか?

そこを詳しく解説したいと思います。

他の資格に比べて英語の必要性が高い弁理士業務

弁理士業務は、他の資格に比べて英語の必要性がとても高いのが特徴です。

その理由は2つあります。

1、国際特許紛争

2、国内の外資系企業

1、国際特許・商標紛争

特許や商標などは、国ごとでの届け出を行う必要があります。
もし、発明した商品や考えた商標を日本だけにしか申請していなければ日本でしか権利の主張ができません。

そのため、世界の国々での申請が必要となります。

また、似たような発明はどこでも行われているため、どちらに権利があるのかという争いも日々起こっております。

そんな国際的な紛争は知的財産権を取り扱う弁理士以外はなかなか起きません。

2、国内の外資系企業

日本は経済的な影響が低下しているとはいえ、いまだに世界3位の経済規模を誇っています。

そのような日本には世界中から外資系企業が進出してきています。

外資系企業の特徴は、権利などの知的財産にお金を惜しまないという点です。

しかし、外資系企業は英語が社内公用語となり英語で話し、英語で取引を行います。

そのため、外資系企業と取引をしたければ英語ができることが必須となります。

大手の弁理士事務所に就職したいなら英語が必要

しかし、国際的な紛争や外資系企業との取引となるとどうしても大手の弁理士事務所に仕事が集中します。

1、大手の弁理士事務所は海外の紛争も取り扱っている

小規模の事務所の場合、人手不足のため海外にまで手が回らず、どうしても国内の小規模案件ばかり扱うことになります。

しかし、大手の弁理士事務所は積極的に海外との知的財産紛争を取り扱います。

そのため、大手の弁理士事務所に勤務すると世界的レベルで仕事の経験を積むことができるようになります。

一度、ぜひ大手の弁理士事務所の求人票をご覧ください。

必ずと言っていいほど、『英語ができる方希望』と書いています。
その時、事務員でも良いという注釈もあります。

つまり、理想としては弁理士で英語ができる人を希望だが、ほとんどいないので、事務員での募集を行っているというのが実情です。

だから、弁理士&高い英語力は、年収を上げる一番の近道なんです。

2、大手企業ほど国内だけでなく海外にも知的財産の申請を行う

支払いの金額が大きい大手企業ほど海外への知的財産の権利の申請を行います。

それは当然、グローバル市場を見据えているためです。

大手企業は、社外の大手の弁理士事務所と契約を行う時もありますし、直接弁理士を雇用するときもあります。

直接雇用されると、大手企業の福利厚生をそのままに、ビジネスを肌で感じながら経験を積みあげることができるというとても大きなメリットがあります。

そのためには、資格だけではなく英語力があることが必須です。

弁理士の就職・転職のために必要な英語力

実際にどの程度の英語力が必要になってくるのか?

弁理士に合格後は最低TOEIC800点以上の英語力を身に着けましょう。

TOEIC800点以上の根拠は、海外部門や国際部門に配属されるのに必要な英語力のラインとして800点以上が多く、ここが1つのラインになるためです。

しかし、英語力が必要と言っても、新しく弁理士に合格したあなたは仕事を覚えるのに忙しく、英語の勉強にかける時間はありません。

そのため、英語力を磨くには、無駄な勉強をせず効率的に英語力を磨く必要があります。

また、単に『英語ができます』という人よりも、明確に『TOEIC800点です』と言えるように数字で実力を示せる人の方が就職、転職にとても有利です。

TOEIC800点を取るにはどのぐらいの時間をかければよいのか?

1日4時間、集中して正しい勉強法で行うなら3か月です。

意外と短いと感じたかもしれませんが、事実です。

毎年11月に最終的な合格発表があります。
しかし、論文の合格が決まれば口述の合格率は9割を超えていますので、論文の合格が決まったら1日4時間の勉強を始めましょう。

毎年9月に論文の合格発表があります。
この直後から英語の勉強を始めれば翌年の1月のTOEICで800点以上を取ることは十分に可能です。

そのために、最短最速で英語力を上げながらTOEIC800点以上を取る方法を紹介します。

スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースです。

この教材はスマホ1台あればいつでもどこでも勉強できて、単語集や文法、リスニング、リーディングも勉強できる大変すぐれた英語教材です。

月額2480円かける3か月で1万円以内でTOEIC800点以上を取れる教材はこのスタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースだけです。

参考:スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースを使い倒したので語れる、使い方と感想や効果を紹介

もし、TOEICですでに800点以上とっているなら、日常会話コースで英会話力を身につけましょう。

こちらは、1ヶ月の無料体験もありますので、1ヶ月試してみて自分に合いそうならそのまま継続すればよいでしょう。

スタディサプリENGLISH 日常英会話コースの内容、効果、評判、効果的な使い方まで!

自宅で確実に英語の実力を上げたいならスタディサプリTOEICパーソナルコーチプラン

短期間でトレーナーが付いて、強制的に英語の実力を上げたい!

そういう人にお勧めしたいのが、スタディサプリTOEICのパーソナルコーチプランです。
スマホさえあれば英語のコーチとチャットでやりとりしながらTOEICのスコアを上げるサービスです。

実際に私の知人も体験して1か月半で135点アップさせました。
その様子を見ていてこれは本物だと確信しました。
価格も3ヶ月コースで68,000円ですので、英会話スクールと比べても比較にならないぐらいに良心的な価格です。

詳しくはこちらをご覧ください。

1か月半で135点アップしたスタディサプリTOEICのパーソナルコーチプランの衝撃

なお、パーソナルコーチの無いふつうのスタディサプリTOEICのサービスもあります。
これだけでも費用対効果の良い教材です。

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースを使い倒したので語れる、使い方と感想や効果を紹介